『自然を守り、地域とつながる、みんなで森スケ!』自然保全プロジェクトに参加しよう!2024

(応募締切:2024/10/31 00:00)

500さるぼぼポイント + 池ヶ原湿原(森のコンサート)、天生湿原(インタープリターによる散策会)、深洞湿原(公認ガイドによる散策会)、天蓋山・安峰山(山頂からの山座同定と山歩き講習会)

飛騨の森を守る「森スケ!」

飛騨市は岐阜県の北端、北アルプスの麓に広大な市域を有し、93%を占める豊かな森林の約7割が天然林という自然に恵まれたまちです。市内には、毎年春に40万株のミズバショウが咲き誇る「池ヶ原湿原、秋には飛騨随一とも言われる紅葉を見ることができる「天生県立自然公園に代表される豊かな自然フィールドが広がり、毎年多くの来訪者の目を楽しませています。

しかし!!

大自然の中に足を踏み入れる行為は、少なからずこうした自然に負の影響を与えるため、利用によって生ずるマイナスをできるだけゼロに近づける、人と自然の新しい関係構築が求められます。

こうしたことから、飛騨市は今年も飛騨の豊かな自然を一緒に守り、繋いでくれる仲間「森スケ!」を募集し、市内外を問わず自然の恩恵を受ける皆さんが一緒になって、飛騨市の宝物である自然を守り後世に繋ぐ取り組みを進めています。

保全活動メニュー(2024年度計画)

※日程は決まり次第、更新していきます

開催時期自然資源お手伝い内容主催者
7月13日(土)
8:30〜12:00
池ケ原湿原ヨシ刈
外来種除去
①③
7月28日(日)
8:50〜14:00
深洞湿原外来種除去
8月4日(日)
8:50〜11:30
天生県立自然公園
(天生湿原)
外来種除去②③
9月上旬天蓋山登山道整備
10月中旬池ヶ原湿原遊歩道整備
10月下旬天生県立自然公園
(天生湿原)
獣害柵撤去
11月上旬安峰山登山道
展望エリア整備

(主催者)

①奥飛騨数河流葉県立自然公園促進協議会、②天生県立自然公園協議会、③飛騨市観光協会、④安峰林道管理組合、⑤飛騨市

参加条件=自然を愛する熱い方

①中学生以上で屋外作業で汗を流したい方
②自然が好きで、登山やトレッキングなど普段から山の恩恵を受けている方
③飛騨の森が好きで、飛騨の森と繋がりたい方

飛騨の森の「魅力」と「課題」

ミズバショウが咲き誇り、車椅子のお客様でも安心して楽しめるバリアフリーの森「池ヶ原湿原」、湿原散策から籾糠山登山まで楽しめる人気の「天生県立自然公園」、針葉樹と広葉樹の原生林が広がり、期間限定でしか入れない神秘の森「深洞湿原」手軽に雲海が楽しめる飛騨古川「安峰山」など、バリエーション豊富な飛騨市の自然フィールドは、私たちに様々な生態系サービスを提供してくれます。

しかし、人口減少や高齢化の進行により、自然を守るパトロール員やガイドの後継者育成・確保が困難となりつつあることから、登山道整備などの保全技術の継承や、獣害対策に必要な人員や予算の確保など、持続可能な自然環境保全が難しくなるのではと懸念されています。

さらに、近年の気候変動や人と自然との関係性が薄れてきたことなどにより生態系のバランスが崩れ、イノシシだけでなく、これまでは見られなかった二ホンジカなどの野生獣による食害が多くみられるようになっています。

このような状況を踏まえ、飛騨市は令和4年度から、豊かな自然環境を「まちの誇り」、その保全を「将来への責任」と位置づけ、様々な方の力を借りながら必要な対策を実施しています。そんな中、登山アプリを運営する「YAMAP」とコラボで実施した『池ヶ原湿原ヨシ刈りツアー(2022年度)』や『天蓋山新道整備ツアー(2023年度)』には、有料プログラムにも関わらず定員を大幅に超える応募があるなど、普段、自然の中に身を置くことが好きな方々は自然保全に対する意識も非常に高いことがわかりました。

※参考:令和5年度「天蓋山新道整備ツアー」(YAMAPコラボ企画)の様子はコチラ

このため、2024年度も引き続き「森スケ!」を活用し、決まった人しか関われないと思われがちな保全活動への「関わりしろ」を作ることで、「保全活動の見える化」と「ボランティアの拡大」に取り組んでいきます。

森スケ!プロジェクト コンダクター(指揮者)

北海道出身の下村です!

中川町と飛騨市との人事交流で、家族とともに飛騨市に来て2年目になります。現在は飛騨市まちづくり観光課で元気なまちづくりに取り組んでいます。

森などの自然から様々な恩恵を受けている私たちですが、その裏では地域の皆さんやボランティアによる地道な保全活動が行われています。飛騨市が取り組む『森スケ!』は、そんな「地域の頑張り」に光を当てるとともに、今一度「自然に感謝し恩返しをしたい!!」という思いで企画しました。

そんな思いを持つ市内外の皆さんが飛騨市で保全活動を通じて繋がり仲間と一緒に飛騨の森を守りたい!!さらに、飲み会をしたり、観光したりできたら最高ですね!!同じ思いの方、ぜひぜひ仲間になってください!

「森スケ!」の日程等は、順次情報アップしますのでよろしくお願いします!

ヌシ(プログラム主催者)

各保全活動でヌシ(主催者)が異なります(保全活動メニューをご確認ください)

開催日時・場所

開催日時
集合時間
08:30
集合場所
池ヶ原湿原(岐阜県飛騨市宮川町洞 池ヶ原湿原駐車場)、深洞湿原(岐阜県飛騨市神岡町森茂1157 山之村牧場駐車場)、天生湿原(岐阜県飛騨市河合町天生 天生峠駐車場)、天蓋山(岐阜県飛騨市神岡町森茂1157番地 山之村牧場駐車場、安峰山(市営若宮駐車場 JR飛騨古川駅東側)

オカエシ

500さるぼぼポイント + 池ヶ原湿原(森のコンサート)、天生湿原(インタープリターによる散策会)、深洞湿原(公認ガイドによる散策会)、天蓋山・安峰山(山頂からの山座同定と山歩き講習会)

募集人数

各日程25名ほど

持ち物

【必要なもの】
・動きやすい、汚れてもいい服装
・動きやすく、汚れてもいい靴(長靴など)
・作業用手袋(軍手など)

【あったらいいもの】
・タオル、帽子、飲み物(熱中症対策)
・雨具、着替えなど(雨天の場合)
・外来種除去にご参加の方は草抜き器具(お持ちの方)

注意事項

・中学生以上の方、参加OKです。
・雨天決行(悪天候で中止する場合は、開催日前日までに連絡します。)
・飛騨市でボランティア行事用保険に加入します。
・帽子着用や小まめな水分補給など熱中症対策を十分にして、ご参加ください。
・事前に健康状態の確認をお願いします。体調が優れなかったり、熱がある場合はご参加をご遠慮ください。

プログラム前にご不明点がございましたら、気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ヒダスケ事務局
お問い合わせこちら
ヌシ(プログラム主催者)に直接問い合わせる
0577-73-7463(飛騨市まちづくり観光課 下村)

今すぐヒダスケ!

応募締切:2024/10/31 00:00