飛騨みやがわ考古民俗館で地域の魅力は何かを一緒に考えませんか!

(応募締切:2020/04/14 17:00)

500さるぼぼポイント + 自分の地域の博物館へ還元できる学び

====================
当プログラムですが、現地開催が新型コロナウイルス感染拡大の関係で中止となりました。楽しみにしていただいていた皆さん、申し訳ございません。
別方法での一部プログラムの実施も検討しておりますので、決まり次第お知らせいたします。大変申し訳ありません。
====================

今回会場に選んでいただいた飛騨みやがわ考古民俗館

「小規模ミュージアムネットワーク全国サミット」でミュージアムが地域に還元できることは何かを考えませんか? それぞれの地域にはそれぞれの暮らしと歴史があります。それぞれの暮らしにはそれぞれの民俗資料が、それぞれの歴史にもそれぞれの歴史資料があります。しかし身近な暮らしや歴史の資料は、身近すぎてその価値が見えません。そこで、地域の民俗資料館、博物館が保存している資料の価値を、日本全国から集まる博物館関係者たちがわちゃわちゃと語り合うことで再発見してみましょう。
今回、第 11 回サミット会場となる岐阜県飛騨市は、高齢化率が4割を超える自治体です。そんな飛騨市にある「飛騨みやがわ考古民俗館」は年間 30 日のみの開館で、固定電話もありません。しかしながら、博物館と所蔵資料などの地域資源を活用して、街の振興や関係人口を増やすことが飛騨市の存続に不可欠であると認識しています。このことは、今後どの地域にも起こりうる課題でもあります。そこで、今回のサミットでは、飛騨で資料の価値の再発見と、その活用方法を創造することを通じて、小規模ミュージアムが地 域に貢献できることが何かを考えてみませんか。 「小規模ミュージアムネットワーク全国サミット」でミュージアムが地域に還元できることは何かを考えませんか?

このプログラムの前提となる活動についてですが、飛騨みやがわ考古館は、2019年3月より『石棒クラブ』という魅力発信&コミュニティづくりの活動を始めました。
来館者激減の考古館でしたが、認知度が上がり、様々な仕掛けでPRしたこともあって2020年の小規模ミュージアムネットワーク全国サミットが、飛騨みやがわ考古民俗館に来ていただけることになりました。

2020年2月に行われた石棒撮影ボランティアの様子

プログラム募集の背景

自然系や人文系など、様々な分野を対象としたミュージアムが各地にあり、日々
活動しています。それらの多くは、職員が数名という小規模な施設。それぞれの持つ力は大きいとはいえません。そこで、「小規模ミュージアム=小さいとこ」に関わっている人や、応援したい人が集まって「小さいとこ」の魅力を発信し、それぞれの交流や情報交換、支援など、みんなで集まって協力しよう!というのが、この小規模ミュージアムネットワーク(=小さいとこネット)。その交流活動として、年1回開催されるのが「小さいとこサミット」です。

プログラム当日の流れ

5 月 30 日(土) 会場:飛騨みやがわ考古民俗館
13:00~17:00 飛騨みやがわ考古民俗館 見学、グループ討論
館内見学をして資料の活用方法を考えるワークショップ
(翌日の「資料活用を考えるワークショップ」に向けての下ごしらえです)
17:00~ 情報交換会、宿泊

5 月 31 日(日) 会場:飛騨市役所
10:00~11:30 子どもワークショップ
飛騨市図書館に来館する方向けのミニワークショップ
11:30~12:00 受付
12:00~12:10 開会のあいさつ 都竹淳也氏(飛騨市長)
12:10~12:30 趣旨説明及び小規模ミュージアムネットワークの紹介
高田みちよ氏(高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)主任学芸員)
12:30~13:15 基調講演「くらす地とくらし方を、楽しむ場 ミュージアム」 可児光生氏(美濃加茂市民ミュージアム 館長)
13:15~13:45 ポスター発表、オリジナル T シャツ発表、ティーブレイク
13:45~14:15 飛騨みやがわ考古民俗館の紹介
三好清超氏(飛騨市教育委員会文化振興課)
14:15~16:20 資料活用を考えるワークショップ
16:20~16:50 総括
中瀬 勲氏(兵庫県立人と自然の博物館 館長)
五月女賢司氏(吹田市立博物館 学芸員)
16:50~17:00 閉会あいさつ 沖畑康子氏(飛騨市教育長)

ヌシ(プログラム主催者)について

飛騨市の学芸員 三好清超

自分たちの地域に関する暮らしの資料は身近すぎてその価値が見えにくいものです。どこの地域にでも起こりうる、もしくは起こっている存続に対する課題に対し、飛騨で資料の価値の再発見とその活用方法を創造することを通じて、小規模ミュージアムが地域に貢献できることが何かを改めて考えてみませんか。

ヌシ(プログラム主催者)

飛騨市役所文化振興課 三好清超

開催日時・場所

開催日時

集合時間
11:30
集合場所
飛騨みやがわ考古民俗館

509-4533 飛騨市 宮川町塩屋104

オカエシ

500さるぼぼポイント + 自分の地域の博物館へ還元できる学び

募集人数

50名

持ち物

筆記用具

注意事項

対象:小さいとこネット会員、博物館等施設関係者、大学等教育機関、その他関心のある方(学生含む)

お問い合わせ

ヒダスケ事務局
お問い合わせこちら
ヌシ(プログラム主催者)に直接問い合わせる
0577-73-7496

今すぐヒダスケ!

このプログラムは受付を終了しました。
たくさんのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。